スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短歌を詠む

2015年6月3日(水) 雨のち曇り

「短歌を詠む」

図書館で消しゴムのかす残したる
        黒髪の乙女われ忘られず
                「新日本歌人」掲載


 わたしの村を散策していると、いま気づくのは青い果実がふくらんできていることです。梅、桃、いちじくなどの実が葉陰に息づいています。これらは初夏から秋にかけて収穫する果実です。桃はもう袋かけが終わっています。袋のなかで実をふとらせていることでしょう。

梅、桃の
青い果実が
ふくらみて
葉陰の下に
息づいている

 果実が葉陰で息づいているのを見るのは、ひとつの感動です。思わず身体を乗り出して、葉陰の実を見つめてしまいます。村のあちこちの畑で見ることができます。季節は確実に動いてゆきます。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。