スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短歌を詠む

2015年5月29日(金) 晴れ時々曇り

「短歌を詠む」

ほととぎす夜の闇裂き高く啼け
        列島はいまたたかいの中


 ほととぎすの初音を聴きました。それは待たれていただけに、感動でした。午前0時頃でしょうか、わたしが就寝前の歯磨きをしていた時、「トッキョ、キョカキョク」というふうに聴こえてきました。ほととぎすは渡り鳥ですね。インドから中国南部などに越冬しにゆき、初夏に日本に渡ってくるといわれています。わたしの家の裏山にはうぐいすが棲んでおり、ほととぎすはうぐいすの棲むところなどにやってくるそうです。

初夏の夜
ほととぎすの
初音聴く     
さらに一度と
窓開け放つ

 わたしはうぐいすとともに、この鳥の啼き声が好きで、今夏もひとつ愉しみが増えました。ほととぎすは、うぐいすなどの巣に托卵するので厭だという人もいますが、わたしはそれも自然のひとつの営みとして捉えています。これから裏山より、うぐいすやほととぎすの啼き声が、しきりに聴こえてくることでしょう。







スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。