スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短歌を詠む

2015年5月27日(水) 晴れ

「短歌を詠む」

戦争法傘寿迎える老女の
      背すじ伸ばしてマイクを握る


 わたしは森田童子の歌がとても好きです。おそらく多くの方は、彼女を知らないと思います。わたし自身もYouTubeで知ったようなわけですが、謎の多い人です。学園闘争が大きな盛り上がりをみせた頃、彼女は高校生で東京教育大学の学生運動と、交流があったといわれています。おそらく全共闘系の学生たちだったように思われます。

なぜなのか
森田童子の
虚無的で
憂うつな歌
なのに魅かれる

 わたしは全共闘系の学生運動には否定的です。彼女の歌は、その彼らの思想にいくらか影響を受けているように思われます。虚無的で憂うつなのですが、なぜかわたしの心に響いてきます。わたしは彼女の歌を聴きながら短歌を創る日々です。一方、クラシックも好きですから、それを流しながら原稿用紙に向かうことも少なくありません。なぜ、森田童子の歌が、わたしの琴線に触れてくるのか不思議です。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。