スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短歌を詠む

2015年4月25日(土) 晴れ

「短歌を詠む」

けたたましエンジン音も昼はなく
          錨を下ろし漁船は休む

早春に裸となりし欅にも
          新芽吹き出し緑に染まる

朝夕に村の峠の寺の鐘
          平和な暮らし祈りて鳴りぬ

 遊園地に立ち寄ると、幼子たちが滑り台やぶらんこに群がっています。嬉々とした声を挙げている児や泣いている児もいます。冬にはこの遊園地は殺風景で淋しいものでした。ところが春が深まって、少し暖かくなってくると、子どもたちも外がいいようです。遊園地は一気に賑やかになりました。その光景を見て、次の歌を作りました。

春深し
嬉々とした声
聞こえくる
遊園地にて
はしゃぐ子どもら

 やはり、子どもたちにとっても暖かい方がいいようですね。冬ごもりから外へ出てきた動物たちのようです。




スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。