スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短歌を詠む

2015年4月7日(火) 曇りのち晴れ

「短歌を詠む」

会議終え空を見上ぐる闇の空
          上弦の月冴えざえとして

冬越えてふるさとの山萌たちて
          若葉がゆらぎ濃く淡くなり

池辺に柳が芽吹き春告げる
          色さやかなる鯉が泳ぎぬ

 さくらが散り始めていますね。樹によって違いがありますが、わたしが出会ったさくらは、ほとんど散っていました。道がうす紅色に染まって、敷きつめられています。もう葉桜の様相を呈していました。さくらの命は短いものですね。だからあんなに輝いて美しいものなのでしょうか。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。