スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短歌を詠む

2015年3月28日(土) 晴れのち曇り

「短歌を詠む」

噴水が弧を描く池鯉泳ぐ
          朝光に映え彩さやかなり

池の辺で手を叩くなり群れ泳ぐ
          尺余の鯉が近づいてきぬ

ただひとり心が倦んで寺をゆく
          真紅の椿われ立ち尽くす

 昼前にふと空を見上げると、南東の方角に眉月(女の眉に似た細い月)を見つけました。わたしは今まで、このような月を「爪を切ったような細い月」と表現してきましたが、「眉月」という言葉があったのですね。真っ青の空に、この月が白く浮かんでいました。「あ!」と思わず声を挙げそうになりました。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。