スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

‘14年ささやき日記 「セクハラについて」

2014(H26)年9月19日(金) 晴れ

   タイトル 「セクハラについて」

 非正規労働者の増大と「セクハラ」の関係について疑問があったので、ネットで調べてみた。結論からいうと、非正規労働者の増大は、「セクハラ」の増加を生んでいるということである。

 「近年、非正規労働者の増加等、就業形態が多様化する中で、(中略)特にパワハラ・セクハラに関する紛争が増加しております」と述べているのは、中央労働委員会(北海道地方事務所)である。

 次に、平成23年度の神奈川県の労働相談の概況をみてみたい。「労働者からの相談では、非正規労働者が約4割(全相談件数11834件)、特に女性のパートからの相談が増加。職場のいやがらせ、パワハラ・セクハラ等の相談が大幅に増加」と、記している。

 また、連合の非正規労働ホットラインのまとめによると、3日間で寄せられた相談は1017件、内容は(中略)「セクハラ・嫌がらせ」の相談が10.1%となっている、述べている。

 このように、三つの資料をあたっただけで、非正規労働者の増大は、セクハラの増加を生んでいる、ということが疑問の余地なく明確に示されている。

 私がこの問題を意識したのは、2013年、第10回民主文学新人賞佳作の望月笑子「無機質な腐敗」という小説を読んでからである。

 この作品ではセクハラがテーマとして扱われていた。非正規労働者のセクハラの「ひとつの典型」として、描かれた作品である。

 「非正規労働者の増大とセクハラの増加は関係ない」という、「まがね文学会」の人もいるが、決してそんなことはない。それは三つの資料をみれば明らかなことである。したがって、非正規労働者を生み出す政治・社会構造は、この点でも罪深いといわなければならない。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

派遣だ、契約だ・・と切り捨て社員を国内労働契約の一部に定めてるのは
皆が選挙で選んだ国会ですから、皆が望んだ事です。

ブラックなどの呼び名で労働法の法律違反を曖昧にするのも
皆が買ってる報道です。

高級官僚も当然手を貸してる形に成ってしまう状態でも是正されないのは
彼らにも必要な事なのかも知れないと思ってしまいます。

不良がセクハラだと騒げば家族持ちの中年は和解金を払わざるをえない。

本当の被害者を救う手立てが確立して無いと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。