スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

‘14年ささやき日記 「床ずれ」

2014(H26)年9月10日(水) 晴れのち曇り

   タイトル 「床ずれ」

 今まで何かとお世話になってきた文学の先輩は、重度の身体障がい者で、施設に入っている。週3日だけ、車イスに乗ることを許されている。

 高校3年の秋の体育祭で、首の骨を折ったのだ。それで下半身麻痺、腕や手も自由に使うことができなくなった。が、彼は小説やエッセイ、詩や短歌を書いて何冊もの本を発行している。

 パソコンのない時代には、鉛筆にグルグルと布を巻き太くして、字を原稿用紙に書いていた。今は、不自由ながらパソコンのワードに文字を打ち込んでいる。

 そうしてかれこれ10年、ほとんど毎日、ブログに日々のことどもを書いて発表してきた。しかし、3、4日前の日記を読んで、私は驚いた。

 「尻が破れていた」という、ブログのタイトルだったからだ。「尻が破れる」というのは、床ずれで皮膚がはがれるということである。

 彼は相当落胆していた。尻の薄い表皮が破れると、それがくっつくまでに年単位の時間を要する。以前には、2年、3年掛かってようやくくっついたのである。

 「尻が破れる」ということは、つまりは床ずれが完治するまでは、車イスに乗れないということだ。ベッドに365日縛られているということが、どんなに大変なことなのか。

 カラオケにも屋外への散歩にも行けないということである。それがどれだけ精神を滅入らせるか想像に難くない。ベッドから降りて車椅子に乗るということは、心のうっ屈をはらすことができるからだ。

 早く尻の表皮がくっついて、車イスに乗れるようになることを願うばかりである。そして、ふたたび小説や詩が書けるようにと、祈らずにはいられない。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ヘルパー2級を持ってますが、床ずれ防止の介護はきつい!
青年でも腰痛を起こし辞める人が多い。

殆んど武術の体捌きと同じで、ベテランには簡単でも初心者には超重労働です。
家庭内介護で、しかも老々介護のご家庭では起き易い症状です。

筋力の衰え防止で歩かなきゃ! 本を何時読もうか・・・迷う?

有り難うございます。

「備後表」さん。床ずれは、介護するほうもされるほうも、大変なんですね。よく分かりました。

   コメント有り難うございました。

                     鬼藤千春
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。