‘14年ささやき日記 「1日1ページの読書を!」

2014(H26)年9月9日(火) 晴れ

   タイトル 「1日1ページの読書を!」

 私は30歳前後の頃、まったく本が読めなくなってしまった。その頃、大学の通信教育を受けていて、深夜の1時2時まで教科書を開いていた。

 フランス語なども大学から送られてきた教科書のみで独学していた。だいたいフランス語を独学で履修するというのは、私には無理な話だった。

 それを真面目にやっているうちに、頭が外部からの情報を受けつけなくなった。それで新聞や雑誌、本なども3行くらいしか読めず、それから先へ進めなかった。

 私の感じからすると、脳が鉄板のようになって、外からの情報を跳ね返していたように思う。つまり、真面目にやりすぎて、脳のキャパシティーを超える情報量を詰め込んだためである。

 ごく普通に本が読めるようになるまでには、かれこれ10年近くかかったように思う。読めるようになった喜びは忘れることができない。

 もともと文学が好きだったから、それから文学書をはじめ、ビジネス書なども読むようになった。が、今はともすれば読書をさぼりがちである。

 そこで考えたのが、「1日1ページの読書」ということである。その習慣をつけていけば、1ページが3ページになり、10ページになる。そして、第1章まで読みすすむことができるだろう。

 そうやって最近、みわよしこの「生活保護リアル」という本を、毎日1章ずつ読んで読了した。だから、これからも、「1日1ページ」の精神で、無理をしないで本に親しんでゆきたいと思っている。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 「人生七十古来稀なり」の古希です。
 日々の暮らし・想いを自由に 綴って
 ゆきたいと思います。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター