‘14年ささやき日記 「介護施設は今?」

2014(H26)年8月27日(水) 曇り時々晴れ

   タイトル 「介護施設は今?」

 文学仲間の先輩は、重度の障害者で車イス生活を余儀なくされ、いま介護施設に入っている。しかし、施設の対応に頭をかかえている。彼自身のことではなく、施設仲間のことである。

 「何べん同じことを言うんなら」と、施設の職員が頭ごなしに怒鳴りつけるというのだ。認知力がないか、それが弱っている利用者に、そんなことを言っていいものだろうか。

 「さっき言うたばっかしじゃろう」と言って、重度の障害を負っている者に向かって吐く言葉だろうか。私などは現場にいないので、とても理解などできない。

 この介護施設は、岡山県でももっとも大きいし、よく知られた施設である。昭和37年10月には、昭和天皇皇后が視察に来たこともある。

 そんな施設で、重度の障害者に向かって、介護職員の一部が怒鳴り散らすということは、どういうことだろうか。介護職員一人ひとりの資質の問題もあるが、それだけではないような気がする。

 近年、医療や介護政策の後退で、人が減らされ、施設の職員も多忙をきわめ、忙殺されているのではないのだろうか。が、介護施設がこうであっていい筈はない。施設の主人公は、「利用者である」という原点に立ち返るべきだろう。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 「人生七十古来稀なり」の古希です。
 日々の暮らし・想いを自由に 綴って
 ゆきたいと思います。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター