スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

‘14年ささやき日記 「神田川」

2014(H26)年8月22日(金) 曇り時々雨

   タイトル 「神田川」

 南こうせつの「神田川」を、最近毎日聴いている。この曲は、1973年9月20日にシングルが発売された。私がまだ25歳のときだった。

 この歌詞は、女性の視点で書かれているが、喜多条忠が自身の学生時代の思い出をもとに、新聞の折り込みチラシの裏に書いたものである。

 喜多条は、出来上がった作品を電話口で伝えたところ、南こうせつは聞いた瞬間に、メロディが浮かんできたと言う。

 ♪ 若かったあの頃 何も恐くなかった
 ♪ ただ貴方のやさしさが 恐かった

 私の青春時代、このフレーズを何回となく口ずさんだことを憶えている。まさに若さの為せるわざだろうか、生活も仕事も恋も何も恐いものがなかった。

 私も横丁の銭湯に、彼女とよくいったものだった。私のアパートは三畳一間ではなく六畳一間の2階で、窓の下には川ではなく線路が走っていた。

 列車が通るたびに、裸電球は大きく揺れ、窓ガラスは震えていた。彼女とは結局別れることになったが、青春時代のほろ苦い想い出である。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

学生時代~

読ませていただきましたぁ~ 有り難うございます~v-221
なかなか長編が小説が読めない私には・・・最適です(*^_^*)

神田川の歌 流行っていましたね~
もの悲しくね~

イケメンの人でなく<南こうせつさんが歌ったので 哀愁が有りましたね~

誰しもに通り過ぎる青春 
気付かずに 無駄に終わらせたかも?? 
その時は そうだったのですね・・・ でも精一杯だったと言い訳したいです?

No title

私も大好きでした。
ギターで弾いて歌ってました。なつかしいです。
私も、相手のやさしさが怖かった、今の夫ですけど。
釣った魚には、、、になってますけど。。。。

No title

別れることになった時は
「赤色エレジー」を聞きませんでしたか?

「ちあきなおみ」さんが歌うのは秀逸です。
一度、聴かれたらと思います。

こんにちは

「神田川」 歌詞がとても印象的ですよね。
私はこの曲が発売された年に生まれたのですが、
「神田川」歌えますよ!!




No title

この歌を耳にしたとき、わたくしはまだほんの子どもでしたが
『赤い手ぬぐい』や『カタカタ鳴る石鹸』『芯まで冷えた洗い髪』といった
断片的なイメージががとても印象的でした。

この時代の唄の歌詞には人の心をぎゅっと掴んで離さない何かが
ある気がします。
最近の曲は耳には心地良いのですがあまり残るものがないような
・・・・・・・・・年ですかね(笑)
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。