スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

‘14年夢日記 「『四十年後の通夜』を読む」

2014(H26)年8月20日(水) 曇り

   タイトル 「『四十年後の通夜』を読む」

 この作品は、「民主文学」9月号に掲載された、仙洞田一彦の短編小説である。彼は作品の冒頭で、この小説のモチーフについて記している。家の本を整理しているとき、二十数年前に書いた「通夜」という小説が目に留まった。主人公の「わたし」は、68歳だから、43歳前後の作品ということになる。

 「通夜」には、「生活保護は打ち切られたのでなく、父が打ち切ったのだ。生活保護は受給者に徹底的に屈辱感を味わわせるように運用されているという。それに負けて父は自分で自分の首を絞めたのだ。無理矢理退院して来たのだから、具合が悪くなっても病院に行かなかった。行けば入院を命じられる」と書いてあった。

 その部分から余白に線が引いてあり「これは父の誇りではなかったか」と記されていた。そのメモは批判一辺倒のわたしの作品への批判だったのだろう、としている。そして、わたしは「通夜」の内容について、もう一度父の人生によりそってみようという気にさせたのである。これが、「四十年後の通夜」のモチーフである。

 生活保護をみずから打ち切ったことに対して、「父の誇りではなかったか」という点についていえば、私(評者)は同意することはできない。それでは、生活保護を受給している人は、誇りをもって生きてゆけないのか、ということになる。それは生活保護だけに限らない。

 障害者年金や遺族年金、その他の年金についても、それを受給することは、人間の誇りを失うことになるというのだろうか。障害者年金にしても生活保護にしても、その性格がどれほど違うというのだろうか。ではいったい、人間裁判をたたかった朝日茂はどういうことになるのだろうか。彼は人間の誇りを失うどころか、人間の尊厳、誇りをかけてたたかい、生き抜いてきたのではないのだろうか。

 この作品にはこうした問題をかかえているとしても、父の人間像を深く掘り下げた作品として評価できる。「民主文学」9月号には、6編の短編小説が掲載されているが、この作品がもっとも印象に残る作品である。6編の最後に、小説らしい小説に出会えたという感じがする。それぞれに、人間に迫ろうと努力しているが、この作品のような深さはみられなかった。

 「子供たちに会わせておいた方が良い」、医者から言われたと、母から電話があった。父の心臓は階段を上れないくらいに弱ってしまっていた。それでも、父は医者にかかろうとしなかった。売薬の「救心」を飲んでいた。わたしが実家に駆けつけたときには、父は6畳間に横になっていた。しかし、わたしは父の布団のわきに胡坐をかいて、父と向かい合っても一言もしゃべらなかった。ここに、主人公と父の距離、確執というようなものがあらわれている。

 父は「兵隊に取られて『満州』で肋膜、そして結核」になり、日本に帰還させられたのであった。父は高等小学校を出て上京し、神田で洋服仕立の弟子になり修行を積んで、洋服仕立職人になったのである。当時の父は四十歳前後で働き盛り。これからというとき、血を吐き入院を余儀なくされ、生活保護を受ける生活になった。

 弟は学校で草履袋をもらってきたが、それは生活保護家庭だけに支給されたのだ。父はそれに屈辱を感じたと、言葉がもつれるほどに力を入れて話す。それで、父は「これじゃいかん」と思って病院を出てきたのだ。そして、生活保護を返上したのである。わたしは、「これは父の誇りではなかったか」というメモを読み直し、小説を読み直してみると父の受けた「屈辱」の深さに、わたしの目が届いていないことを感じる、と作者は書いている。

 見舞った日の翌日、父の危篤の電話が母からあって、わたしは家族とともに、実家に戻った。が、臨終には間に合わなかった。父は布団の上ではなく、六畳と四畳の敷居の上に突っ伏して亡くなっていたそうだ。生活保護を返上した父を、私(評者)はせめるわけではない。それも、父という人間像を浮かび上がらせるうえで、大きな役割を負っている。

 この小説で、少し物足りないのは、わたしと父の距離、確執といったものがどこから生まれたのかということである。それが描かれていなくて、惜しまれる作品である。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めまして~
るみじさんのブログのとこで 貴方の事を知りましたぁ~
それで 私もお邪魔しました
多々 読ませていただきたいと思います\(^o^)/

>岡山県浅口市寄島町
 えぇ 聞いたことある地名です 行ったことは有りません

 近所の知り合いの方の お母さんの実家が有るそうです
 近所の方は70代で お母さんはもう当然居られないでしょう・・・

 海の綺麗なところなのですね~
 私は兵庫県の山々です


はじめまして

はじめまして、木村浩欣と申します。

先日は、私のブログ「kowkinsblog4」にご訪問頂き、
ありがとうございます。

生来、私も、社会的弱者の傷つけられた尊厳について、
考えています。

このあたりの問題の、社会的解決、そして、個人的解決には、
日本国の古来の伝統的信仰の実践生活が必要ではないかと、
つねづね、考えております。

素晴らしいご活躍をお祈り申し上げます。

合掌・感謝・浩欣

プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。