‘14年ささやき日記 「年金生活者の悲哀」

2014(H26)年8月17日(日) 曇り時々雨

   タイトル 「年金生活者の悲哀」

 8月15日は、年金支給日であった。2カ月に1回、偶数月に支給される。わが家では夫婦の年金を合わせて、やっとの生活で、綱渡りのような日々である。

 その中から、わずかな貯金はしているが、それは病気や家財道具の消耗に備えてのものだ。エアコン、ガスコンロ、風呂のボイラー、車などの故障を考慮しているからである。

 年金収入は、減ることはあっても増えることはない。実際、去年と今年、合わせて1.7%の減額となった。さらに、来年4月に0.5%の減額が予定されている。

 物価スライドのためというけれど、今年4月からの消費税増税や物価の値上げは、ほんとうに年金に反映されるのだろうか。容易に年金への上乗せはされないに違いない。

 年金生活者で、余裕を持って暮らしている人がいないわけではない。しかし、大半の人は、薄氷をふむような思いで暮らしている。まさに、「悲哀」を味わいながらの日々である。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 「人生七十古来稀なり」の古希です。
 日々の暮らし・想いを自由に 綴って
 ゆきたいと思います。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター