スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

‘14年ささやき日記 「どことなく不安な時代」

2014(H26)年8月15日(金) 雨時々曇り

   タイトル 「どことなく不安な時代」

 8月15日は、69回目の終戦記念日である。私は戦争の体験はないが、その2年後に生まれており、いわゆる団塊の世代である。

 戦争は知らないが、戦後の貧困と食糧難の時代はよく憶えている。それが、自身の生き方のうえで、大きな影響を及ぼしているのを痛切に感じている。

 「八月十五日の正午から午後一時まで、日本じゅうが、森閑として声をのんでいる間に、歴史はその巨大な頁をめくったのであった」。これは、宮本百合子の「播州平野」の一節である。

 その頁とは、「戦争から平和へと向かう」という、歴史的瞬間を、百合子は見事に表現している。ところが、いまの社会と政治は、果たして平和への歩みをすすめているのだろうか。

 「秘密保護法」、「集団的自衛権行使」の問題など、戦争か平和の岐路に、いま日本は立たされているのではないのだろうか。「どことなく不安な時代」に、私たちは生きているように思う。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

はじめまして!
ブログへの訪問、コメントありがとうございます。

戦争については祖母から話を良く聞きました。
これからの時代、戦争経験者が少なくなるのが問題ですが、世の中から戦争がなくなることを願っております。
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。