‘14年ささやき日記 「旭爪あかねの本に夢中」

2014(H26)年7月27日(日) 曇り

   タイトル 「旭爪あかねの本に夢中」

 旭爪あかねの「歩き直してきた道」という本が、実に面白い。まだ読み始めたばかりだが、私を夢中にさせている。時間も忘れて読みふけっている。

 面白いというのは、「おもしろ可笑しい」という意味ではない。辞書によれば、「心をひかれるさま、興趣がある」と記されているが、「あじわい」があるということである。

 彼女は大学院まで出ていながら、対人恐怖症のようになり、新聞配達をしたり、さまざまなアルバイトをしたりする。いわゆる「いい子」を演ずるような生き方のなかで、やがて引きこもりになる。

 引きこもりのなかで、お酒におぼれるようにもなるが、やがて彼女は「子どもの頃からのあこがれであった、小説を書き始める」。まだまだ話はこれからだ。彼女の心に触れることができる、そんな本だ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 「人生七十古来稀なり」の古希です。
 日々の暮らし・想いを自由に 綴って
 ゆきたいと思います。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター