スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

‘14年ささやき日記 「実りの夏」

2014(H26)年7月25日(金) 晴れ時々曇り

   タイトル 「実りの夏」

 「実り」といえば「秋」ということになっていて、「実りの秋」と呼ばれるのが通例である。が、夏も決して秋に劣らない実りの季節である。

 散策していてわかることだが、スイカやいちじく、ナスやトマトなども、たっぷり太陽を浴びてふくらみ色づいている。もう収穫の時期である。

 先日、ぶらぶらと歩いていると、桃畑のほとりの道に出た。桃の実に袋かけをしているので、下から覗いてみると、色づいて大きくなっている。

 4月に花を咲かせて、野山をピンクに染めた桃畑だったが、農民が受粉作業を行い、青い実をつけると袋かけをする。そんな手間ひまをかけて、ようやく収穫の季節を迎えた。

 しかし、これからは、虫や鳥たちとのたたかいである。油断していると、鳥が袋を引き剥がして、桃の実を齧(かじ)ってしまう。

 岡山県ではほとんど袋かけをするが、福島県では無袋栽培もやられている。このほうが、色が赤く染まり、甘い実になるそうだ。

 野菜や果樹の実りを眺めていると、自然の生命力を感じる。また、それを食べて身体のエネルギーをたくわえる。まさに、いまは「実りの夏」である。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。