‘14年ささやき日記 「鐘の音を聴く」

2014(H26)年7月21日(月) 晴れ時々曇り

   タイトル 「鐘の音を聴く」

 書斎の椅子に座って外を眺めると、山が見えます。東の山の稜線が落ち込んでいるところがあります。また、西の山の稜線が落ち込んでいます。

 両方の山の稜線が落ち込んで谷になっています。その谷を県道が通っています。南から登る県道は坂道になっていて、谷のところが峠です。

 冬になると、この峠を境にして寒さがずいぶん違います。峠の北側は霜が降りているのに、南側はなんともないのです。

 その峠の脇に古刹(こさつ)があります。私は午前6時に起床するのですが、ちょうどその時間に寺の鐘が、打ち鳴らされます。毎日欠かさずに鐘はつかれています。

 その鐘の音(ね)を聴くと、心がおだやかになり、気持ちが落ち着きます。鐘の音は静かに一日の始まりを告げるのです。

 窓をすかして、境内の銀杏(いちょう)が見えます。その左奥に本堂があります。その横が庫裏(くり)です。わが村の寺は今日も、平和と檀家の暮らしの平穏を祈って鐘をついています。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの70歳で、
 日々の暮らし・想いを自由に 綴って
 ゆきたいと思います。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター