スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

‘14年夢日記 「便秘解消?」

2014(H26)年7月13日(日) 曇り時々雨

   タイトル 「便秘解消?」

 「便秘が解消されれば、人生が変わる」というフレーズは、この夢日記にも書いたことがある。そして、便秘が解消した喜びを記したのだった。が、そのことを書いた途端にふたたび便秘に陥ったのである。まことに不思議なことが起こったのだ。それから3、4カ月ほど便秘に苦しんだ。その間(かん)便秘薬も服用するようになった。

 しかし、便秘薬というものは、確かに通じはよくなるが、どこか違和感を腹部やお尻に残し、一日爽やかな気持で過ごすことができなくなる。すっきりした心持ちではいられないのである。そこで、私の思いついた考えは、いままで飲んでいた整腸剤と植物繊維の粉末を1、2カ月やめてみるということだった。整腸剤と粉末の効用は試され済みなので、その習慣をいったんやめて、その後また始めようと思ったのである。

 1、2カ月はやはり便秘に悩まされたが、便秘薬を服用し対症療法をしてきたのである。その後、整腸剤と植物繊維の粉末を飲むことを再開した。それだけではなく、ヨーグルトと青汁も飲んでいる。すると、便通がスムーズにいくようになった。私の思いつきは功を奏したのである。いまは快適な生活を送れるようになった。

 もともと、私の便秘は偶然ではなく、必然的なものである。というのは、私はある薬を服用しているのだが、それが便秘の副作用があるのだ。その薬は、便秘を引き起こすものなので、私の便秘は偶然ではない。その薬をやめるわけにはいかないので、私のとなりには便秘というものが棲んでいるということである。したがって、便秘を引き起こす薬とのせめぎ合いなのだ。

 私の便秘歴は相当なものだ。3、4日の便秘はよくあることで、自宅で浣腸することも少なからずあった。が、自宅での浣腸では解消されないこともある。排便のために、トイレの便座に20~30分座っていることも少なくなかった。そして、「うーん」とトイレの中で唸るのである。こうした日がつづくと疲れもするし、精神的にもうんざりである。

 自宅での浣腸がだめなので、病院へ何度か駆け込んだこともある。が、病院の処置でさえうまくいかなかった。それだけ私の便秘は頑固なのだ。それは便秘になる薬を飲んでいるのだから当然と言えば当然である。便秘というのは、腹部やお尻だけが不調になるわけではない。便秘が昂(こう)ずると頭が痛くなるし、精神的に集中できなくなる厄介なものである。

 だから、「便秘が解消されれば、人生が変わる」というのは、決して大げさでもなんでもない。いま私は快適な朝を迎えることができるようになった。朝、食事を摂って、新聞を読み、髭を剃って歯磨きを終わると、便通のシグナルが送られてくる。そこで、好きな音楽をかけて、トイレに入るのである。

 トイレに掛けているカレンダーに、排便の印をつけている。7月になって、一日として欠けた日はない。日にちの下に、ピンクのサインペンで丸印がつけられている。タイトルに「便秘解消?」と、クエスチョンをつけたのは、これで安心というわけにはいかないからである。私のとなりには便秘が棲んでいる。だから、いつ便秘に逆戻りするかしれない。

 「人生が変わった」のだから、いまこそいい仕事をしたいと願っている。「読むことと書くこと」、これをゆっくり、ゆったりと、が、できるだけ精力的にやってゆきたいものである。ふたたび魔の便秘が襲ってこないうちに、と思っている。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。