スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

‘14年夢日記 「7月をデザインする」

2014(H26)年7月1日(火) 晴れ時々曇り

   タイトル 「7月をデザインする」

 普通の感覚からいえば、7月、8月、9月というのは、真夏と残暑のために、厭な季節ということになる。が、私はこの季節がもっとも好きである。暑さは平気で、エアコンもほとんど使わない。扇風機があれば充分だ。それは何故なのかわからないが、逆に冬はきわめて弱い。だから、7月は私の活動期なのである。

 7月は2014年の下半期の始まりの月である。ちょうど折り返し点に立ったことになる。生活がマンネリ化する頃なので、新たな心持ちで日々を送りたい。7月7日は「小暑」で、いよいよ暑気へと入ってゆく。私は、冬期は冬ごもり状態なので、7月はたっぷりと豊かに生きてゆきたい。

 7月は何かと行事が予定されている。2日には水島公民館で「憲法の講演会」がある。解釈改憲によって、集団的自衛権行使容認が閣議決定されようとしているなかでの講演会だ。時宜にかなった企画である。5日には、共産党の演説会がある。山下書記局長が来岡する。現在の情勢と展望について語られる予定である。

 また、15日には共産党創立92周年記念演説会が催される。東京の日本青年館で、志位委員長が話すことになっている。私はインターネットで視聴するつもりだ。日本が軍国主義へと大きく傾いてゆくなかで、大局的な視座から、未来についての展望が解明されることを期待している。

 7月10日には、「倉敷民商事件」の禰屋(ねや)さんの第3回公判が開かれる。公正な審理が求められるとともに、現時点での急務は禰屋さんをはじめ、小原、須増さんの釈放である。人質司法をあらためて、早期に身柄拘束を解くべきである。禰屋さんの法人税法違反は、冤罪(えんざい)、小原、須増、禰屋さんの税理士法違反は「倉敷民商への弾圧」、それを許さない法廷内外のたたかいが求められている。

 いくら夏の季節が好きだといっても、日中のウオーキングは酷である。そこで、いいウオーキングコースを発見した。わが家に裏山があるが、午後4時半には山裾の道が日かげになる。いまもその道を散歩しているが、往復で1キロなので、3往復すれば3キロということになる。山の木々があり、小川も流れているので格好の散歩コースである。7月からもその道をのんびりと歩く予定でいる。

 読書は名作に触れたい。いま私は、現代文学にあまり関心がない。ただ「民主文学」だけは欠かさず読むようにしている。日本の名作、たとえば、梶井基次郎、井伏鱒二、志賀直哉、林芙美子などなどの作品を読みたい。また、旭爪あかねが「歩き直してきた道」という本を上梓したので、何はさておき読むつもりだ。まだいっぱい読みたい本があるが、図書館にないのでどうしようか迷っている。書籍代の出費は極力抑えたい。

 「書くこと」は、小説を軸にしたいのだけれど、まだ心が定まっていない。つまり、モチーフ、テーマ、題材が、私のなかでまだ醸成されていない。しばらく読書に力を注いで、それらが天から降りてくるのを待つつもりだ。そんなに私は焦っていない。じっくりモチーフが湧いてくることを祈っている。私の活動期、7月が実り多き月であるようにと願いつつ、日々を有意義に過ごしたい。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。