スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

‘14年夢日記 「2014年上半期について」

2014(H26)年6月29日(日) 晴れ時々曇り

   タイトル 「2014年上半期について」

 2014年の上半期もまもなく終わろうとしている。が、それはどんな日々で、どんな半年だったのだろうか。パソコンを立ち上げて、原稿用紙の前に座っても何も浮かんでこない。それだけ印象の薄い半年だったのかも知れない。そこで、デスクトップの「出来事」というフォルダーを開いてみたら、決してそんなことはなかった。

 半年の間にさまざまなことが起こっていた。ファイルを眺めていたら、そのときの事件や現象が鮮やかに甦ってくる。まず思い出されるのは、何といっても「倉敷民商事件」である。1月に倉敷民商事務局員の禰屋(ねや)町子さんが、法人税法違反で逮捕される。2月には、小原淳事務局長と須増和悦事務局次長のふたりが、税理士法違反で逮捕された。

 それぞれ起訴され公判が始まっているが、三人はいまだに勾留されて岡山刑務所に拘束されている。この事件の本質は、禰屋さんは冤罪(えんざい)、そして税理士法違反というのは、倉敷民商への弾圧である。このたたかいは、長期にわたると思われるが、民主主義を守るという視座をもって支援をしてゆきたい。

 ふたつには、4月から消費税が5%から8%へと増税されたことである。私たち年金生活者にとっては、これからも収入が減りつづける傾向がある中での増税なので、財布は悲鳴を上げている。来年には10%への増税が予定されているだけではなく、将来的には10%後半の税率がもくろまれている。いま、怒りの声を挙げなければ、大増税時代が到来するだろう。

 みっつには、私の歯が溶けるという事態が発生したことである。歯茎が腫(は)れてきたので、歯科医院へ出向くと、医師が「鬼藤さん、歯が溶けてるよ」と告げた。いささか衝撃だった。それが原因で歯茎が炎症を起こしている。歯茎の膿(うみ)と腫れは2回の治療でおさまったけれど、根本的に治癒したというわけではない。

 歯が溶けるのは、私が終日コーヒーを飲んでいるためである。そこで、「コーヒー革命」を行うことを決めて、いまもそのさなかにある。つまり、コーヒーを飲むのは、朝、新聞を読むときと、ものを書くときだけにしたのである。ものごとに集中できないという禁断症状が出ているが、なんとか「コーヒー革命」を遂行している。

 その他にも、さまざまなことがあった。人間が半年生きるというのは大変なことなのだな、という感慨がある。寝込みはしなかったけれど、一週間ほど風邪を引いたし、電子レンジが壊れて新しいのを求めた。2月には、寄島でも大雪となって、約10センチ積もった。その雪が屋根から落下してカーポートが破損するということもあった。

 浅口市会議員選挙では、私の応援する桑野和夫さんが第5位で当選を果たした。5月からはゴルフを再開し、3、4年ぶりにクラブを握った。私の人生において小さくない愉しみが増えたといえるだろう。このように半年だけでも、いろんなことが生起している。さて、下半期の半年は、果たしてどんなことが待ち受けているだろうか。愉しみでもあり、また畏(おそ)れもある。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。