スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

‘14年夢日記 「歯が溶けてるよ」

2014(H26)年5月12日(月) 曇りのち雨

     タイトル 「歯が溶けてるよ」

 先日、床に就くまではなんともなかったのに、朝目覚めると口の中に違和感を覚えた。はっきりと目覚めて、頬をなでてみると歯茎が痛いのが分かった。そうっと口の中に指を差し込んでみると、歯茎がはれていた。

 これはヤバイ、と思った。虫歯のせいで歯茎がはれているのか、それとも歯茎だけが炎症を起こしているのか、素人の私には分からなかった。しかし、いずれにしても、歯の病気だということは理解できる。また、歯科医院通いかと思うと、憂うつになった。

 私はもう2年以上歯科医院とは縁がない。前回、医院と縁が切れて、歯についてはずいぶん気をつけてきたつもりだった。私の歯磨きの時間は朝晩30分ずつである。30分歯磨きする人は、そんなに多くはないだろう。ない、ということはないが、珍しい部類に入ると思う。

 私の歯磨きは、三つの要素を取り入れている。一つは、ごく普通の歯磨きだ。つまり、上の歯と下の歯の表面と、裏側を丁寧に磨くのである。二つ目は、歯間ブラシを使って、歯の間の汚れを落とす。そして、仕上げが柔らかいブラシで歯茎のブラッシングである。

 この三要素を組み合わせた歯磨きをすれば、当然30分はかかる。だから、私はYouTubeの音楽を視聴しながら、せっせと磨いている。それは決して苦ではなく、食後の一つの仕事として割り切っている。また、夜10時になったら、キシリトールガムを噛んで就寝に備えている。

 ここまでやっているのに、歯の病気になったということはショックだった。しかし、それもまた当然かなという思いもある。なぜなら、私は甘い缶コーヒーを、終日口にしていることが多いのだ。だから、不思議な思いとともに、「ついにやってきたか」という思いもある。

 歯科医院にゆき、椅子に座って口を開けると、歯科衛生士が、「膿(うみ)が溜まってる」と、言った。膿? なぜ膿が? 私には分からなかった。医師がレントゲンを撮るように指示を出した。私は不安が大きくなった。

 医師はレントゲン写真を見ながら、私に説明した。医師は「歯が溶けてるよ」というショッキングなことを私に告げた。しかし、私が写真を見ても何も分からなかった。歯には3本の根があって、1本が溶けて2本で支えているというのだ。

 「歯が溶ける」? 私には原因はよく分からないが、多分缶コーヒーを終日舐めているのが原因に違いない。帰って、インターネットで調べても、だいたいそれが原因のようである。

 医師は、膿を処理する手当てをしてみるけれど、最悪の場合は、歯を1本抜かなければならない、と言った。しばらく歯科医院通いになるに違いないが、できることなら、歯を抜くことがないようにと願うばかりである。

 私は甘党なので、虫歯の病気にはよくなる。こんなになっても、缶コーヒーをやめる勇気が起こらない。ただ、缶コーヒーを舐める時間を、極力縮めることを考えているくらいで、これといっていい知恵は浮かばない。

 が、「歯が溶けてるよ」という医師の声が、今でも耳に残っている。何かいい方途を考えることが求められているように思う。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。