スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

‘14年夢日記 「私の日活」

2014(H26)年5月9日(金) 晴れ

     タイトル 「私の日活」

 「日活」と言ったら、読者の皆さんに分かってもらえるだろうか。私自身も初めて使う言葉である。映画会社の名前ではない。私が「日活」という言葉を思いついたのは、ある新聞が「私の朝活」という言葉を使っていたからだ。

 「私の朝活」として、つまり「朝の活動」、もしくは「朝の過ごし方」というような意味で、投書を募集していたのである。それに沿って、私も自身の「朝活」を書いてみればいいと思うけれど、しかし怠惰な朝の生活をしている私には「朝活」は書けそうにない。

 そこで、「私の日活」、つまり「一日の活動」、または、「一日の過ごし方・生き方」くらいなら、書けそうだと思ったしだいである。いくら、私がのらりくらりと生きていたとしても、一日のスパンならそれなりのことはして生きているものだ。そこで、「朝活」に対抗して「私の日活」を記してみたい、と思っている。

 今、午後7時15分だ。私は夕食を終え、書斎で歯磨きをしている。洗面所で歯磨きではなく、書斎とはまた理解できないかも知れない。私の歯磨きは3分や5分では終わらない。だいたい30分かかるのである。

 洗面所に30分も立っていられない。書斎で山崎ハコや杉本真人、カルメンマキや因幡晃、西島三重子や薬師丸ひろ子の音楽を聴きながら、歯を磨くのである。そして、夕景を眺めてひとり感嘆している。西の空はうす紅色に染まり、空はまだ闇に呑まれていなくて、うすいブルーを留めている。

 歯磨きが終わると、私はそれからひと仕事残っている。およそ3時間、読書をするか「もの書き」をするかである。そして、11時になったら、知人や国会議員のブログやツイッターに眼を通す。これらから得る情報は決して少なくない。

 「詩の朗読会」や「平和美術展」、「教育講演会」や「憲法のつどい」などの催しを知らされるのだ。それで、午前0時になると、私は「鬼藤千春の小説」のブログを更新して、就寝という日々を送っている。だから、今日の天気は、あくまでも気象庁の予報なので、外れることもよくある。これが、「私の晩活」である。

 「私の朝活」は、午前6時に起床して、シャワーを浴び、書斎で朝食を摂る。朝食は妻の手は一切わずらわせない。パン、牛乳、ヨーグルト、青汁を自分で用意して、2階の書斎へ上がってくるのだ。そして、音楽を聴きながら朝食を摂るのである。

 「私の朝活」は、なんとも頼りないものだ。買い物があるときは、リュックを背負って、わが町の「銀座通り」まで買出しにいく。なんともその格好が滑稽である。戦後の闇屋のようなもので、肌着に麦わら帽子を被って、リュックを背負ってゆくので、みんなに不思議がられていることだろう。

 「私の昼活」は、やはり「読書」か「もの書き」である。私の仕事は、朝1時間、昼3時間、晩3時間の、約7時間というところだろうか。8時間取りたいところだが、色んなことがありグズグズしていて、そううまくいかない。たまに、8時間という時もある。

 これが、「私の日活」だけれど、いったい私のこの過ごし方、生き方は、倖せといえるのだろうか。「倖せ」とも言えないし「不倖せ」ともいえないような気がする。代わり映えのしない、平凡な日々を送っているという情況である。が、つましく平凡なことが、何よりも「倖せ」であるかも知れない。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。