スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掌編小説 「掌編小説 『朝日のあたる家』 (2)」

2014(H26)年4月6日(日) 曇り時々晴れ

   タイトル 「掌編小説 『朝日のあたる家』(2)」

 桐山は、民生委員として、自分にいったい何ができるのだろうか、という思いに囚われていた。
「芙由子さん、あの壁はどうしたんですか」
 桐山は、おもむろに西の壁を振り向いた。
「ああ、あれですか? ええ、弥生が……」
 芙由子はそう言いかけて、黙ってしまった。
 しばらく応接間は、沈黙に包まれていたが、やがて芙由子は小さい声で呟いた。

「夫が、引きこもっている弥生をなじったんですよ。『怠け者! とか、ごくつぶし!』とか言って、怒鳴ったんです」
 芙由子の声はかすれていた。
「すると、弥生が……、顔を赤く染めて、怒りに震えながら、コーヒーカップを、あの壁に投げつけたんです」
 芙由子は、壁をじっと見つめていた。

「それはまずいですね。もっとも苦しんでいるのは、両親でもなく、兄弟でもないでしょう。弥生さん自身ではないでしょうか」
 桐山に言える精一杯の言葉だった。
「家族の人たちにできることは、弥生さんの悩みにできるだけ、寄り添うことではないでしょうか」
 桐山は、民生委員の活動を通じて、相談者に寄り添うことの大切さを、学んできたような気がする。

 桐山は振り向いて、壁のへこみとシミを眺めて、弥生の心の在りように身がつまされる思いだった。すると、二階から階段を勢いよく、駆け下りてくる音が高く響いて、桐山は一瞬びっくりした。

 応接間のドアを乱暴に開いて、弥生が入ってきた。弥生は髪を乱して、パジャマ姿のままだった。二十三歳の彼女はいくぶん太っていて、少しふけているように見えた。
「母さん、スニーカーを買ってよ。明日から、ウオーキングをしたいの。ねえ、いいでしょう」
 弥生は、瞳を光らせて、芙由子を覗き込んだ。

「え? ええ……」
 芙由子は、信じられないというような、怪訝な顔をして、立ち尽くしていた。
 弥生は、それだけ言うと、また階段を駆け上っていった。

 桐山は、弥生の唐突な言動に面食らってしまった。弥生の心に何が起こったというのだろう。一年近くも引きこもっていた人が、外に出るという。彼は今でも信じられない思いでいた。それは、芙由子もまた、同じような心持ちに違いない。

 芙由子は、怪訝な顔をして立ち尽くしていたが、しばらくしてソファーに、崩れ落ちるように座った。彼女の眼は中空をさまよい、ぼうっとして気がぬけたようなようすだった。

 桐山は、そんな芙由子を応接間に残して、北村家の門を出た。そして、南東の二階の部屋を見上げた。弥生の部屋のカーテンは開かれて、部屋の中へ斜めに光が差し込んでいた。

 朝日は高く昇り、丘の上にある北村の家を、黄金色の光が柔らかく包んでいた。

                                      <了>



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。