スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

‘14年夢日記 「ブログを始めて半年」

2014(H26)年4月2日(水) 晴れ

     タイトル 「ブログを始めて半年」

 ブログを開設し、「夢日記」を綴り出して半年が経った。永い時間というより、もう半年かという感慨の方が強い。三日坊主にならずにやってこられたのは、幸運だといわなければならない。

 「夢日記」といっても、私の日常は極めて単調な日々の繰り返しである。比較的規則正しい生活を営んでいるので、日記を書くとすると毎日同じような内容になる。朝6時に起床して、3度の食事を摂り、午前0時過ぎに床に就くのである。

 そして日課といえば、ウオーキングとブログの原稿を書くこと、そして読書である。私はスローライフを心がけているので、あとはムリをしない。どちらかといえば、だらだらと過ごしている時間の方が長い。

 だから、「日記」というタイトルにせずに、「夢日記」としたのである。「夢日記」なら、日々起こったこと、したことにこだわらずに紡いでゆくことができる。本来の日記なら、三日も書けばあとは同じような暮らしなので、あとが続かない。

 「夢日記」というのは、どちらかというと、「随想日記」という趣である。「随想日記」というカテゴリーがあるのかないのか分からないが、日々のつれづれの想いを記すのが、この「夢日記」である。

 その「夢日記」を綴ってきてはや6カ月になる。おかげさまで、一日も欠かすことなく続けてこられたのは、まず健康であったことを挙げなければならない。一度、風邪を引いて危ないときもあったけれど、どうにかそれを乗り越えることができた。

 また、パソコンが故障もなく作動してくれたので、毎日更新することができた。そういう条件に恵まれて、ここまできたのである。これからも、健康とパソコンの良好を祈って、次の半年へと踏み出してゆきたいと思っている。

 この半年の間に、ブログに書いた「夢日記」は、400字詰め原稿用紙にして、約500枚ということになる。500枚というのは、決して少なくない枚数である。これを本にしようと思えば、貧弱とはいえないものを上梓することができる。

 さて、これからの「夢日記」だけれど、新しい趣向を取り入れたいと思っている。基本は今までと同じだけれど、掌編小説を書いて、それを2回か、3回の連載にして、載せるということである。

 掌編小説なら1回の読み切りの方がふさわしいのだが、原稿用紙3枚くらいのブログに抑えたいので、そういう方法になる。これはひとつの冒険でもある。それが定着すれば、ブログの世界も広がるに違いない。

 「ブログを始めて半年」、大過なくやってこられたが、これからもムリをすることなく書いてゆきたい。次の目標は、1000枚である。そこまでやることができたら、「量から質への転化」が起こるかも知れない。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。