スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

‘14年夢日記 「嵐は木を鍛える」

2014(H26)年2月25日(火) 晴れ

『しんぶん赤旗』TOPニュース
 法務省〝刑罰で威嚇〟に反対 秘密保護法検討過程わかる 
 「緊張感与える」の文言で押し切る 有識者会議報告

     タイトル 「嵐は木を鍛える」

 1月21日、岡山地検は法人税違反の疑いで、倉敷民主商工会の事務局員を逮捕した。そして、同地検や広島国税局、県警などが倉敷民商の事務所を家宅捜索したとのことである。これを知ったのは愛読している、あるブログからであった。

 その後、2月13日に、税理士法違反の容疑で倉敷民商の事務局長と事務局次長が逮捕された。また、起訴されている上記の事務局員も、同日ふたたび逮捕されるということになった。計3人の職員が逮捕されるという異常な事態になっている。

 民主商工会というのは、全国に約600の組織があり、会員約20万人、商工新聞読者30万人といわれている。民主的な商工団体として、中小業者の経営と暮らし、権利を守って活動を展開しており、自営業者のよき相談相手である。

 民主商工会は、新規開業、融資相談、税金相談、経営相談、記帳・決算・申告の相談、国保、社会保険など、商工業者の悩みに答える活動を旺盛にすすめている。民商は社会的にも認知された会であり、決して反社会的な活動を展開するような組織ではない。

 実は、私は約40年前20代の頃、倉敷民商の事務局員を数年していたことがあり、会の路線や方針、性格はだいたい認識しているつもりである。が、40年の歳月の中で、会も進歩・発展をとげていることだろうから、その委細は承知していない。

 その当時から民主商工会は、税務署をはじめとした国家権力とのたたかいの連続だった。私の所属していた頃は、「生活費非課税」というスローガンを掲げ、重税反対闘争の先頭に立って活動してきた。それは多くの業者と国民に共感を広げたものである。

 「生活費に税金をかけるな」という要求は、中小業者と国民にとって、道理あるものだったし、今でもそれは生きているのではないのだろうか。今では、応能負担ということがいわれ、それに反するような税制になっているのが問題視されている。

 例えば、自身の税金を振り返ってみても、所得税や住民税など、生活費として必要な所得に課税されるという理不尽さがある。また、生活費非課税といえば、消費税はその最たるものである。日常の食料品や日用品に課税するのだから、最悪の税金である。

 また、ささやかな土地・家屋は生きてゆくうえで必要なもので、それにも固定資産税が課せられる。あるいは、来年度から税金が倍加される軽自動車税なども、生活になくてはならない車に税をかけるのだから、それも庶民泣かせの税といわざるをえない。

 国の政治を見る場合、どのように税金が取られ、どのように使われているかをみれば、非常に分かりやすい。今の日本の政治は、1%の大企業や大金持ちに優遇し、99%の庶民から収奪するという構図になっている。民主商工会は、それを正すべく活動してきたのである。

 民主商工会の正当な活動を敵視して、その活動を妨害してきたのが、税務署をはじめとした国家権力である。そういう流れの中で起きた、倉敷民商への不当弾圧だといわざるを得ない。こうした攻撃を跳ね返して、新たな歩みを開始することを願っている。不当な国家権力の介入は許されざるものである。だが、「嵐は木を鍛える」、倉敷民商はふたたび甦るだろう。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。