‘14年夢日記 「激流の魚」

2014(H26)年1月2日(木) 晴れ時々曇り

『しんぶん赤旗』TOPニュース  休刊日
 新しい朝がやってきました。おはようございます。 
 本日もどうぞよろしくお願いいたします。

     タイトル 「激流の魚」

 NHKの紅白歌合戦は、ほとんど観なかったけれど、「ゆく年くる年」は、心をしずめて視聴した。これはここ数年来同じような年越しである。ゆく年の15分間とくる年の15分間、各地の寺などのようすが放映される。

 メインキャスターは、東京の増上寺から全国各地と結んで「ゆく年くる年」のようすを伝えていた。その中で、北海道の酪農家や福島の漁業者たち、そして震災によって仮設住宅の暮らしを余儀なくされている人々が映しだされていた。

 酪農家たちにはTPPの問題が大きく影を落としている。TPPに加わることになれば、日本農業は大きな打撃を受けることは間違いない。政府は自動車産業をはじめとした輸出大企業の優遇策と引き換えに、農業や漁業、医療などの各分野を犠牲にしようとしている。

 福島の漁業は、果たして再生することができるのだろうか。首相は、汚染水は完全にブロックされているというけれど、こんなデタラメを世界に発信する、その人間性が問われている。今もなお、汚染水の問題は解決するどころか、解決を迫られている緊急の課題に他ならない。

 仮設住宅に暮らす住民たちに明日があるのだろうか。仮設住宅に住む住民は、音や話し声によって、そのストレスは限界点に達しているといわれている。また。粗雑なつくりのために、あちこちに不具合が生じており、新たな震災者のための住宅の確保が急務である。

 私はこういう酪農家や漁業者たち、仮設住宅に暮らす人々が、新しい年を平和に、そして平穏に暮らすことを祈らずにはいられない。しかし、2014年も決して穏やかに流れていくようには思えない。

 自公政権は、憲法の改正に向けて着々と準備を推し進めようとしている。その足音が日々重く、高く迫りつつある。さらに、先の酪農家や漁業者、仮設住宅の人々にも、否応なく消費税8%という負担が強いられようとしている。

 まさに、国民は穏やかな流れをゆったりと泳ぐというわけにはいかず、急流の中に投げ出された魚だということができるような気がする。歌人の渡辺順三は「激流の魚」という本を著しているが、まさに、いま国民の一人ひとりは「激流の魚」である。

 渡辺順三は激流に流されることなく、それに抗って上流へ上流へと泳ぎきることを願って「激流の魚」と名づけた。時代と社会は私たちにとって逆流であるが、「激流の魚」となって上流をめざしたい。そして、2014年が国民の一人ひとりにとって、よりよい年であるように、心から祈っている。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの70歳で、
 日々の暮らし・想いを自由に 綴って
 ゆきたいと思います。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター