スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢日記 「ウォーキング」

2013(H25)年12月20日(金) 曇り時々晴れ

『しんぶん赤旗』TOPニュース
 裏献金疑惑 猪瀬氏辞任 来年2月 都知事選へ 
 徳洲会5000万円 真相語らず

     タイトル 「ウォーキング」

 私のウォーキングも冬ごもりである。11月まではわが町の三つ山公園の周辺を約3キロ散歩していたが、冬になってそれはやめることにした。

 北風の中、身体を縮めて歩くことは私にはできない。が、元気な人は冬でもまだ明け切らぬ早朝に歩いている人もいる。寒がりの私にはとてもそんな真似はできない。冬になったら冬ごもりに限る。

 だが、まったくウォーキングから遠ざかったわけではない。室内でウォーキング・マシンを利用して30分間歩いている。室内でのウォーキングの難点は風景が変わらないことである。だから、30分がずいぶん長く感じる。まだかまだか、という思いで歩くようになる。

 そこで、考えたのがパソコンでYouTubeを視聴しながら歩くことである。こうすることによって、ウォーキングがずいぶん愉しくなった。友人がウォーキング・マシンなんて、3日坊主で投げ出すに決まっている、といっていたが、しかし私の場合は5年もつづいている。

 その友人は、ウォーキング・マシンや健康ぶらさがり器、サイクル・マシンなどが、一部屋を占領し、ほこりを被っているということだ。それで、私にも「三日坊主になる」という懸念を投げかけたのだろう。

 私のYouTubeの視聴は、森田童子、高橋真梨子、山崎ハコ、中島みゆき、加藤登紀子などである。彼女らの楽曲を視聴しながら、ウォーキングをしている。室内では風景は変わらないが、音楽を聴きながら歩くのは愉しいものだ。

 そして、もうひとつ私が視聴しながら歩くのは、日本共産党のムービーである。党創立91周年記念講演や26回大会の決議案の報告、あるいは「とことん共産党」などを視聴しながら、歩くのである。こうすると、決してウォーキングを飽きるということはない。愉しいひとときとなるのである。

 が、何といってもウォーキングは、やはり室外に勝るものはない。何よりも、青い海、青い空、青い山々を眺めながら歩くのがいい。わが町はそれらの景色に恵まれているので、精神が解放されて心が豊かになる。

 桜がさくような季節になったら、また私はマシンのスイッチを切って、青い海、青い空、青い山々の風景の中に踏み出してゆくことになるだろう。その風景を眺めながら歩いていると、ウグイスやヒバリ、スズメなどの啼き声が聴けるのも愉しい。その季節が待たれる日々である。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。