スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エッセー【カ モ メ】

purimu1.jpg



2018年2月24日(土)晴れのち曇り

 ご訪問いただき誠に有り難うございます。

  青いうみ
   鴎(カモメ)が数羽
   舞っている
   白い翼を
   ひらりと返す


 この短歌は「新日本歌人」という歌誌に掲載されたわたしの歌です。

 わたしは折に触れて、海の見える図書館に足を運びますが、ただ見えるだけでなく、それは海辺に建つ図書館なのです。

 そして勉強机が窓際にしつらえられていて、目の前には瀬戸の海がどこまでも広がっています。わたしは読書に疲れると、本を閉じてその海を眺めるのです。

 沖に目をやると、水島コンビナートにゆくタンカーや貨物船がゆっくりと動いているのが見えます。時には色鮮やかなオレンジ色の貨物船が行き来しています。

 もう少し近くの海原に目を移すと、漁船が海面を滑るように、走り抜けてゆくのが見えます。波を裂きながら、白い尾を長く曳いて、港に出入りしています。

 そして、太陽が降り注いでいる時は、蝶が乱舞するように、海は光輝いています。それは誠に美しい光景です。目を細めてしばらく万華鏡のような海を眺めていたりします。

 すぐそこの海面には海鳥が浮かんでおり、波にまかせて漂っています。じっと目を凝らして見ていると、海鳥はもぐって餌を探しているような仕草をします。その光景を見ていると、飽くことがなくいつまでも見つめていたりします。

 図書館の目の前ではカモメが群れて飛び交っています。白い翼をゆっくりとひるがえして、飛翔しているのです。そのカモメの飛翔も美しいものです。時折り、堤防に降り立って羽根を休めているときがあります。

 そのカモメがふたたび飛び立って、空を舞うとき、白い翼をひらりと返して、勢いよく飛んでゆくのです。そのカモメの姿は生命感にあふれるばかりで、見ているわたしの心も、爽やかになります。



 よろしければポチっとお願いします。


スポンサーサイト
リンク
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 「人生七十古来稀なり」の古希です。
 日々の暮らし・想いを自由に 綴って
 ゆきたいと思います。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。