スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エッセー【花を手向けて】

fukuju1.jpg



2018年2月19日(月)曇り

 ご訪問いただき誠に有り難うございます。

  ちちははの
   静かに眠る
   奥津城に
   花を手向けて
   坂道くだる


 この短歌は「新日本歌人」という歌誌に掲載されたわたしの歌です。

 わたしの人生はまだまだこれからだという思いが強いのですが、これまでの人生を振り返ったとき、倖せな人生だったような気がします。

 吾が人生はそれぞれの時代、局面を見れば負の部分が決して少なくはないのです。少なくないばかりではなく、小さくもありません。

 幼少期の極限の貧しさは、わたしの心身に深く深く刻まれています。米のめしを食べることが出来ず、メリケン粉を溶かしたものをフライパンで焼いて食べていました。

 家は雨漏りがして、雨が降る日には家の中には洗面器、バケツなどが並べられて、それらで雨だれを受けてそれを凌いでいました。

 そして決して忘れることができないのは、税金が納められなくて、自転車やタンスに差し押さえの紙を貼られたことです。その自転車に乗ろうとして、母にたしなめられたことをよく覚えています。

 青春期になれば、手にヤケドあとが残っていて、それのコンプレックスはわたしを悩まして、卑屈に生きていたように思います。

 その手をポケットに隠して、人に見られないように生きてきたのです。このような生き方は、わたしを小さな小さな世界へと押し込んできたのです。

 このような生き方をしてきたわたしでしたが、ちちははの生き方はわたしの人生の根っこに深く刻まれています。ちちははの貧しさとたたかう生き方は、わたしの人生に大きな影響を与えています。

 今あるわたしの人生の倖せ感をもたらしているのは、少なからずちちははの生き方を引き継いでいるからです。それ故、感謝の気持をいだいてちちははのお墓に参り、花を手向けて坂道を下るのです。



 よろしければポチっとお願いします。


スポンサーサイト
リンク
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 「人生七十古来稀なり」の古希です。
 日々の暮らし・想いを自由に 綴って
 ゆきたいと思います。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。