エッセー【吾が思想】

himara4.jpg



2018年2月8日(木)晴れ時々曇り

 ご訪問いただき誠に有り難うございます。

  人生に
   紆余曲折が
   あろうとも
   吾のいだきし
   思想はゆるがず


 この短歌は「新日本歌人」という歌誌に掲載されたわたしの歌です。

 わたしの人生には色々なことがあったように思います。初めて社会に巣立っていった時に就いた仕事は、市役所の職員でした。ところが、3、4年で市役所を辞めてしまいます。

 近所の人や母などは「安定した職場にようつけたなあ!」といって、喜んでくれたものです。しかし、さまざまな悩みがあって、誰に相談することもなく、「退職願」を提出してしまいます。

 わたしは組合の役員をしていたこともあって、それはその日にうちに受理されます。その処理は、例外というほどに早かったことを覚えています。

 市役所を辞めて、それからいくつかの職を転々とし、定年の時に就いていたのは、石材関係の仕事です。これは20年続き、わたしの最も充実した仕事人生となっています。

 そして不可解な病気になったり、20歳の娘が多額の借金を作って、自己破産寸前までいったりしました。その処理のために、わたしは奔走したりしました。

 このように、わたしの人生は紆余曲折の波乱に満ちた人生だったように思います。ただ、人生とは決して真っ直ぐに進むものではない、ということが言えると思います。

 そうした波乱に満ちた人生だったけれど、高校時代に抱いた想い、思想は一度たりともゆるがず、ぶれずにひとすじの道を歩んできたように思います。

 多くの仲間がその道から離れてゆきましたが、わたしは何故かその道からそれることはありませんでした。それは偶然のように思えるのですが、必然のようにも思えるのです。真理にふれた時、人間はあくまでそれを追い求めるもののように思います。


 よろしければポチっとお願いします。


スポンサーサイト
リンク
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 「人生七十古来稀なり」の古希です。
 日々の暮らし・想いを自由に 綴って
 ゆきたいと思います。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター