FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エッセー【雨の日の配達】

nosupo3.jpg



2018年1月9日(火)曇りのち晴れ

 ご訪問いただき誠に有り難うございます。


 「しんぶん」を配りて磯に立ち尽くし朱に染まりたる初日の出見る

 凍りつくフロントガラスに湯をかけて吾は出でゆく「しんぶん」配り

 「しんぶん」を配りて空を見上ぐれば凛とかがやく明けの明星

 これはわたしが「しんぶん」配達に寄せて詠んだ短歌です。たかが「しんぶん」の配達ですが、この行為の中にはいろんなドラマを孕(はら)んでいます。初日の出を見たり、明けの明星を眺めたりすることが出来るのです。

 しかし、決していいことばかりに出会うということはなく、少なくない苦労にでくわします。雪の日もあれば、フロントガラスが凍りついて、まず氷を溶かす作業をするということもあります。

 昨日(きのう)はあいにくの雨でした。前日の天気予報では、弱い雨ということで、「たいしたことはないな!」と思って床に就いたのですが、朝目を覚ましたら烈しい雨音がしています。いっぺんに憂うつな気分になりました。

 わたしは洗顔をして麦わら帽子をかぶり、傘を差して外へ出てゆきました。弱い雨ではなく、本降りの雨が地面を叩きつけています。新聞を包むビニール袋も用意して出かけてゆきました。

 車で走っていると、窓は曇ってくるし、道路が光って視界がぼんやりとしてきます。エアコンの風向を上向きにし、風量を全開にして車を走らせました。ようやく窓ガラスの曇りが晴れて、視界が開けてきました。

 各家への配達は、傘を差さずに濡れながら配りました。氷雨(ひさめ)なので、身体が冷えてきます。ただ、大きい麦わら帽子を被っているので、大分助かります。強い雨の日は苦労しながら配達することになります。

 しかし読者の方に「ご苦労さま!」と声を掛けられたり、晴れた日に東の空から昇る太陽に出会ったりすると、感動してしまいます。「しんぶん」配達には、そんなドラマが待っているのです。



よろしければポチっとお願いします。

スポンサーサイト
リンク
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 「人生七十古来稀なり」の古希です。
 日々の暮らし・想いを自由に 綴って
 ゆきたいと思います。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。