FC2ブログ

エッセー

2017年11月18日(土)雨

 新しき旅立ち        鬼藤千春


 私の生まれは、1947年10月26日である。したがって、今年の誕生日で70歳を迎えたことになる。「古代稀なり」の古希である。わたしはこの誕生日を、喜びをもって迎えたわけではない。むしろ憂うつな気持で迎えたといった方が、当たっているだろう。
 「とうとうここまできてしまったか」という想いであり、武田鉄矢の「思えば遠くへ来たもんだ」という楽曲の題名の通りである。自身ではまだ若いつもりでいるが、人から見れば老人の域に入ったと捉えられているに違いない。
 確かにあと10年経ったら、わたしは80歳になる。80歳ということになると、まぎれもなく老人といえるだろう。しかし、90歳になっても、スポーツジムに通っている人もおり、とても元気である。わたしにとっては、その人は目標とすべき人であり、大いに励まされてもいる。
 古希を迎えて、「わたしはどう生きたらいいのか」という思いに突き上げられて、数日虚ろな日々を送ることになった。その間はなんとも悶々とした、苦しい日々だった。そんな思いに耐えられなくて、自身の生き方をいろいろと模索して過ごしてきたのだった。
 そこでたどり着いたのが、日記とエッセーを書くということだった。その間、ネットで趣味の講座をいろいろと調べてみた。絵画、絵手紙、陶芸、英会話、ピアノ、歌声などが少し興味を惹いたが、やはりわたしには合ってないという思いに至った。
 そして、日記とエッセーにたどり着いたのである。書くということは、今日まで中断は何度もあったけれど、高校時代から50年余も関わったことであり、これを継続することが、自分に最も合っているように思えたのである。
 しかし、書くという営為を新たに始めるとしても、自慰行為になってはいけないと思って、発表の舞台を「しんぶん赤旗」にしようと思ったのである。そして、投稿を始めたのである。が、採用されるのは、そんなに多くはないので、そこで思いがけず閃いたのが、ブログの再開である。
 ブログは昨年の10月30日で、ひとまず中断することになったのである。ちょうど1年である。70歳を記念してブログを再開し、日記とエッセーをUPしてゆこうと思った次第である。
 わたしの「新しき旅立ち」である。70歳から80歳へ向けて、一日一日を大切に、丁寧に生きてゆきたいと思っている。皆さん、どうかご愛顧のほどよろしくお願いいたします。



スポンサーサイト
リンク
カウンター
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!
 
 日々の暮らし・想いを自由に短歌に 綴って
 ゆきたいと思います。
 住所は岡山県浅口市です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ