皎皎と

2016年10月21日(金) 曇り時々晴れ

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。


♪♪♪ 【皎皎と】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 短歌辞典を開いたら「皎皎」という文言が目に飛び込んできた。この言葉を兼題として短歌をつくろうと、想いをいろいろ巡らせて、六つの歌を詠むことができた。ここでは二つの短歌を紹介したい。わたしの町からは高梁川河口に広がるコンビナートが一望できる。水島臨海工業地帯である。この工業地帯には、製鉄所、自動車製作工場、石油精製工場など多くの工場がひしめいている。この一帯は不夜城である。夜でも眠ることなく煌めいている。そのようすがわたしの町からよく見える。不夜城の如く皎皎と輝いている。

短歌

不夜城のごと皎皎と輝きてコンビナートは海に浮かぶなり

皎皎と光を放つ満月は吾の愁いを溶かしてくるる


 皎皎といえば、天穹に浮かぶ満月である。満月の光はとても明るくて、隣の家の屋根瓦が、一枚二枚と数えられるほど輝いている。寝室に射し込む光も明るく床のフローリングを、照らし出すのである。そして何よりも、愁いを持ったわたしの心を溶かしてくれる。そして満月もまた、皎皎と光を放ってわたしの町を闇から浮かび上がらせている。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの70歳で、
 日々の暮らし・想いを自由に 綴って
 ゆきたいと思います。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター