スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心渇いて

2016年10月18日(火) 晴れ時々曇り

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。
 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春



♪♪♪ 【心渇いて】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 無性に心が渇いてゆく日がある。それは自身の思い通りに一日がすすまない時である。自身の日々暮らすなかに、こうしたいという願望があってそれが叶わないとき、淋しくなり虚しくなって心が渇いてゆく。そうなると心は満たされなくて、充実した一日を送ることができない。有意義な一日とはならないのである。

短歌

折々に心渇いてゆく日には本を開きて短歌を詠まむ

一日と言えども活字に触れざれば虚しかりけり心渇いて


 そんな一日は、ほとんど活字に触れることができなかった日である。わたしはたぶん活字中毒と言ってもいいくらいの存在になっている。しかし、活字といってもなんでもいいというわけではない。たとえ政治論文を読んでもわたしの心は満たされない。やはりわたしに必要なものは、文化・芸術であるように思う。具体的に述べれば、それは短歌であり小説である。それらの文章に触れないで一日が終わることに、わたしは耐えられない。しばらくは、短歌や小説とつきあう日々がつづくことになるだろう。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。