スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女が独り

2016年10月17日(月) 雨のち曇り

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。
 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春



♪♪♪ 【女が独り】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 わたしの村には風光明媚な砂浜が200メートルくらいつづいており、近隣の町から遊びにやってくる。先日もわたしはそこへ出かけたが、魚釣りの人たちや砂浜を散歩する人たちが、大勢遊びにきていた。魚釣りの人に聞いてみたら、朝はキスが「入れ食い」だったと話してくれた。小さな駐車場は一杯で、わたしは路上駐車を余儀なくされるほどだった。

短歌 (「龍」10月号に掲載)

落日に女が独り水際に立ちてひっそりと沖を見てゐる 


 その砂浜に立つと、水島コンビナートや瀬戸大橋がよく見えるが、コンビナートは風景のなかに収まってほしくない無機質なしろもので、わたしは眉をひそめるのである。しかし、砂浜に立つと180度にわたって、瀬戸内海が見渡せる。瀬戸の海は多島美と言われているが、ここから見る風景も例外ではない。水島灘から笠岡諸島にわたって島々が浮かんでいる。水平線は大きく弧を描いて広がっている。啄木にとっては、ふるさとといえば山であったが、わたしにとっては海そのものである。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。