峠の寺

2016年10月15日(土) 晴れ

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。
 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春



♪♪♪ 【峠の寺】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 わたしの家からさほど離れていないところに小さな峠がある。この峠は隣の町との境になっていて、峠のこちらと向こう側では気温が幾らか違う。夏にはそれほど感じないが、冬ともなるとそれが著しく実感される。峠のこちら側は海のある町で、寒い朝でも霜が降っていないのに、峠の向こう側は田畑が霜で真っ白に染まっているという具合である。その峠に寺がある

短歌 (「龍」10月号に掲載)

黄昏に峠の寺の鐘が鳴る陽の入る空は茜に染まりて 


 その寺はとても大きくて、檀家がおそらく1500軒以上はあるだろう。わたしの町の約半分の1200軒、そして隣の町の一部を地域として持っているからである。その寺の鐘が、朝な夕な鳴らされる。わたしは毎日というわけではないが、折々にその鐘の音を聴いている。西空が茜色に染まりゆく黄昏に、その鐘が打ち鳴らされる時、一日の終わりを静かに告げるのである。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの70歳で、
 日々の暮らし・想いを自由に 綴って
 ゆきたいと思います。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター