スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夾竹桃

2016年10月14日(金) 晴れ 

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。
 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春



♪♪♪ 【夾竹桃】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 夾竹桃というのは夏の花である。わたしは電車に乗ることはめったにないが、時々、女高生の孫を駅に迎えにいくことがある。その駅前に夾竹桃が咲いていた。女高生の孫はきっと今がもっとも輝いている季節かもしれない。その彼女が倉敷から帰ってくるのである。オレンジの電車に乗って、颯爽と帰ってくる。彼女には大いに女高生という時代を有意義に過ごして欲しいと思う。彼女を待っている間にわたしは夾竹桃の植わった花壇に近寄って、つくづく眺めるのである。

短歌 (「龍10月号に」掲載)

駅前に夾竹桃の花が咲き君を乗せたる電車は去りぬ 

 夾竹桃といって思い出すのは、父ははの眠る墓地につづく道である。父ははは、菩提寺の寺墓地に眠っているのだが、その寺につづく道に夾竹桃が植わっている。いくらか坂道になった道に、夾竹桃が連なっている。夏には夾竹桃が淡紅色の花を咲かせるのである。わたしはその夾竹桃の咲く坂道をのぼって、父ははの墓参りにゆく。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。