波の音

2016年10月13日(木) 曇り時々晴れ

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。
 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春



♪♪♪ 【波の音】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 この歌はいくらか虚構によって成り立っている。知らない町というのは、想像力によって創造した町である。が、まったくの虚構ではなく、わたしの棲む町を知らない町として文学的に表現したものである。わたしの町は海岸にいつもひたひたと波が打ち寄せている、海を抱き込む入江の町である。そこで暮らすわたしは、ある意味で倖せということが言えるかも知れない。

短歌 (「龍」10月号に掲載)

吾ひとり知らない町を歩みつつ角を曲がれば波の音がする 


 
 そんな町で暮らすわたしであるが、ビラを配ったり署名をとって歩いたりすることも折々にある。急がないビラであれば、わたしは一日50枚と決めて、4日あるいは6日かけて配るようにしている。それは運動をかねてのことである。古希近くなれば極めて運動量が低下する。健康のためには決して好ましい生活とは言えない。そこで、意識して何日もかけてビラを配るのである。そんな折り村々を巡っていれば、波の音が聞こえくる。その波の音を聞けば、疲れも和らぎ安堵するわたしである。


スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの70歳で、
 日々の暮らし・想いを自由に 綴って
 ゆきたいと思います。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター