スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短歌は詩である

2016年10月1日(土) 雨のち曇り

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。
 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春



♪♪♪ 【短歌は詩である】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 わたしは三つの短歌会に所属して、短歌の勉強をしているが、そこで感ずることは短歌のとらえ方である。それはわたしにも言えることであるが、あまりにも短歌を軽く扱ってしまっている場面に出合うことである。わたしは短歌を始めてまだ二年にも満たない初心者で、短歌の何たるかを分かっているとは決していえない。自身の作るものが短歌と呼べるものかどうか、いつも疑問をかかえたままで出詠している状態である。

短歌

あなどるな歌は詩であり心して歌に向かいて格闘すべし


 そこで、上記のような短歌を作るようになったしだいである。わたしがいま心得ていることは、短歌というのは57577という五行詩だということだ。詩というからには、詩の心というものがあるだろう。ところが、その詩心の感じられない短歌が少なくない。わたしはこれから詩心のある短歌をめざして、勉強をしてゆきたいと思っている。短歌をやっている人の中には、50年、60年という経験を持つ歌人が決して少なくない。それらの先輩たちから学びながら、ひたぶるに短歌の道を歩んでゆきたい。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。