スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀杏

2016年9月21日(水) 晴れ時々曇り

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。
 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春



♪♪♪ 【銀杏】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 まだ銀杏が黄葉に染まる季節ではない。ただ、先日わたしは峠の寺の古刹を訪ねた。わたしは心が渇いた時や時間のあるときは、時々この寺を訪ねるのである。先日は僧侶の墓、無縫塔という卵型をした墓が並ぶところへも足を運んで、年代なども調べてみた。読み取れる無縫塔では、嘉永の時代のものがあった。いまから160~170年前のもので、そんなに古いものではない。その墓を巡っていると、つくつく法師が鳴いていた。もうこの蝉の寿命も僅かだろう。

短歌 

鄙びたる寺の銀杏は空高く黄に染まりてはらはらと落つ


 その寺の境内に銀杏の大樹がある。建物でいうと、ゆうに三階建ての高さを超えるほどである。この銀杏はこの寺の象徴だ。枝は横に張り出してはいないが、天穹を突き上げるように伸びている。晩秋になると、この銀杏が黄葉に染まる。そして、銀杏の葉がはらはらと落ちてくる。与謝野晶子は、このひとひらを、小鳥に例えたがまさに小鳥が舞うように、銀杏の葉が落ちてくる。晩秋にわたしは、もう一度訪ねることになるだろう。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。