スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生き来し方

2016年9月8日(木) 晴れ時々雨

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。
 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春




♪♪♪ 【生き来し方】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 わたしはいま68歳である。60代といえば、まだ初老という雰囲気があるが、70代に入れば、いよいよ老人の仲間入りのような気がして、とても厭である。しかし、厳然として68年間生きてきた。短歌をつくっていると、否応なく自身のいままでの人生を振り返ることになる。原稿用紙に向かってペンを執るということは、自身の今までの来し方、これからの生き方をみずから問うということでもある。

短歌

来し方の道をたどれば過ちの数おおきこと両手で足りず

悔やんでも悔やみきれない過去があり七十路に入りてようやく解かる

書斎にて歌を詠まんとペンとれば未来や過去へ想いはめぐる


 来し方を振り返ってみると、恥じ入るような生き方のその多さに、驚くばかりである。おそらくそれらを日々抱えて生きるということは、できないことである。そのあやまちを思いつつ日々は決して送ることはできない。折々に思い出すことはあっても、日常の生活の中では、それらは忘れて生きているものである。人間はよくできていて、忘れるという習性を持っている。それなくしては、人間は一歩も前に進むことはできないだろう。しかし、すべて忘れていいということにはならない。原稿用紙に向かい、ペンを執ることで、自身の来し方を問い、未来へと想いを馳せるのである。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。