スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カモメ

2016年8月23日(火) 晴れ時々曇り

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春



♪♪♪ 【カモメ】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 瀬戸内海の島影に落ちてゆく太陽を見るのは格別のものがある。どこから見る落日も美しいものに違いないが、瀬戸内の島影へ朱に染まった夕陽が沈んでゆくのは、朝日とは違ってやはりどこかもの悲しく美しい。島影に夕陽がかかりはじめると、海をくれないに染め、波は揺れて煌めいてくる。美しいには違いないが、やがて夕闇がやってくるという、もの悲しさもともなっている。

短歌

西空を夕陽は朱く染めぬきぬ舞うごとく翔ぶカモメも染めて


 その夕陽を浴びて、白いカモメが舞っている。鴉も夕陽をよぎることがあるけれど、カモメは夕陽に染まって、舞うごとく翔んでただよっている。島影に落ちる夕陽、その夕陽をよぎるカモメの群れ、その光景はとても美しくもの悲しい。それは一日の終焉を意味するからだろう。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。