雨の日

2016年8月4日(木) 晴れ時々曇り

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春



♪♪♪ 【雨の日】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 雨の日、風の日、冬の日の「しんぶん」配りは誠に辛い。真冬にはたいてい車のフロントガラスが凍って前も後ろも見えない。そこで、ポットに入れた湯を注いで、氷を溶かす。そんな作業をしてから、やっと出発できる。また、車から出るたびに凍えるような空気に白い息を吐きながら、一軒、一軒訪ねて「しんぶん」を届ける。

短歌 (龍短歌会の「龍」7月号に掲載)

あかときのしじまを破る雨の音新聞配りにわれは出でゆく 


 雨の日もまた辛いものである。ベッドで目覚めると、何やら音が聞こえてくる。雨だれである。そこでわたしの気持は急に萎える。「チェッ」と呟いて、布団を蹴って床から抜け出す。冬の日は、氷を溶かす作業が必要だが、雨の日は傘を用意するか、麦わら帽子を持ち出して雨に備える。本降りの雨には傘が必要だが、小降りの場合は縁の広い麦わら帽子である。いずれにしても「しんぶん」配りは困難がともなう厄介な仕事である。







スポンサーサイト
リンク
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 「人生七十古来稀なり」の古希です。
 日々の暮らし・想いを自由に 綴って
 ゆきたいと思います。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター