FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エッセー【カ モ メ】

purimu1.jpg



2018年2月24日(土)晴れのち曇り

 ご訪問いただき誠に有り難うございます。

  青いうみ
   鴎(カモメ)が数羽
   舞っている
   白い翼を
   ひらりと返す


 この短歌は「新日本歌人」という歌誌に掲載されたわたしの歌です。

 わたしは折に触れて、海の見える図書館に足を運びますが、ただ見えるだけでなく、それは海辺に建つ図書館なのです。

 そして勉強机が窓際にしつらえられていて、目の前には瀬戸の海がどこまでも広がっています。わたしは読書に疲れると、本を閉じてその海を眺めるのです。

 沖に目をやると、水島コンビナートにゆくタンカーや貨物船がゆっくりと動いているのが見えます。時には色鮮やかなオレンジ色の貨物船が行き来しています。

 もう少し近くの海原に目を移すと、漁船が海面を滑るように、走り抜けてゆくのが見えます。波を裂きながら、白い尾を長く曳いて、港に出入りしています。

 そして、太陽が降り注いでいる時は、蝶が乱舞するように、海は光輝いています。それは誠に美しい光景です。目を細めてしばらく万華鏡のような海を眺めていたりします。

 すぐそこの海面には海鳥が浮かんでおり、波にまかせて漂っています。じっと目を凝らして見ていると、海鳥はもぐって餌を探しているような仕草をします。その光景を見ていると、飽くことがなくいつまでも見つめていたりします。

 図書館の目の前ではカモメが群れて飛び交っています。白い翼をゆっくりとひるがえして、飛翔しているのです。そのカモメの飛翔も美しいものです。時折り、堤防に降り立って羽根を休めているときがあります。

 そのカモメがふたたび飛び立って、空を舞うとき、白い翼をひらりと返して、勢いよく飛んでゆくのです。そのカモメの姿は生命感にあふれるばかりで、見ているわたしの心も、爽やかになります。



 よろしければポチっとお願いします。


スポンサーサイト

エッセー【潮の香の村をゆく】

suisen22.jpg



2018年2月23日(金)晴れ

 ご訪問いただき誠に有り難うございます。

  市議選の
   ビラを配りて
   あかときに
   潮の香のする
   村をゆくなり


 この短歌は「新日本歌人」という歌誌に掲載されたわたしの歌です。

 わたしの町の市会議員選挙が迫ってきました。4月8日告示、4月15日投票でたたかわれます。告示まで50日を切るところまできました。

 4、5人の現職が引退し、4、5人の新人が立候補する予定です。これで推移すれば無投票となるわけですが、そんなに甘くありません。定数が18から16に減るので2、3人のはみだしの選挙になりそうです。

 この選挙にわたしの知人の39歳の女性が立候補する予定です。「母と子の願いを市政に!」と、彼女は連日、宣伝、訪問活動で頑張っています。

 わたしは微力ながら、彼女を市議会へ送ろうと、手伝っています。わたしの知り合いの家に彼女を紹介したり、宣伝を手伝ったりしています。

 しかし、なかなか大変な選挙です。他の新人候補は地区の推薦をもらったり、知名度のある会社の息子であったりするからです。

 わたしの知人の女性は地区推薦もなく、これといった支持団体もないのです。したがって、いかに彼女の名前を知っていただくか、がとても大切になってきます。

 そこで彼女の半生の物語を作成して、市民の皆様に配っているのです。新人ですから知名度の不足が、決定的な弱さとなっています。

 わたしは自分の住む漁師町を担当して、潮の香のする町の明けぐれに、彼女の半生の物語を配って歩いているのです。

 肺年齢90歳と言われているわたしですが、坂道を上り一軒、また一軒と有権者の皆様に届けているのです。また、膝の痛みをかばいながらのビラ配りです。彼女をぜひ市議会へ送りたいと思っています。



 よろしければポチっとお願いします。


エッセー【啄 木 の 歌 集】

suisen15.jpg



2018年2月22日(木)晴れ時々曇り

 ご訪問いただき誠に有り難うございます。

  啄木の
   歌に魅せられ
   図書館に
   足を運びて
   歌集を開く


 この短歌は「新日本歌人」という歌誌に掲載されたわたしの歌です。

 「あなたの好きな歌人を上げよ!」と言われれば、わたしはためらうことなく「石川啄木です !」と答えることでしょう。彼の歌とは青春時代に出会い、今でも繰り返し触れています。

 彼の歌は「一握の砂」、「悲しき玩具」という歌集に収められていますが、その中で特にわたしの胸を打つ歌を上げてみたいと思います。


  たはむれに
   母を背負いてそのあまり
   軽(かろ)きに泣きて三歩あゆまず

♪  友がみな
   われよりえらく見ゆる日よ
   花を買い来て妻としたしむ

  はたらけど
   はたらけど猶(なお)わが生活(くらし)
   楽にならざりぢっと手を見る


 これらの歌は、わたしの心情に深く触れてきます。つまりこころの琴線に触れて、わたしの心を震わします。わたしはその歌を前にすると、しばらく立ち止まってその感動に浸ります。

 そして吾が母を想い、周りの友人に想いを馳せます。さらに、楽にならないわたしの暮らしが甦(よみがえ)ってきます。これは啄木の歌でありながら、わたしのことを詠っているように思うのです。

 それだけ彼の歌は、普遍性をもっており多くの読者の心を捉(とら)えて離さないのだと思います。今もなお彼の歌は多くの人に愛されつづけています。

 わたしは折に触れて町の図書館に足を運びますが、海の見える図書館の勉強机に座って、啄木の歌集を開きます。彼の歌はわたしの心を深く打ち、わたしの心を豊かにさせてくれます。



 よろしければポチっとお願いします。


エッセー【がんと真向かう】

poinse4[1]



2018年2月21日(水)曇り

 ご訪問いただき誠に有り難うございます。

♪  弟は
   がんと真向かい
   たたかいて
   生きてゆかんと
   手紙をくるる 


 この短歌は「新日本歌人」という歌誌に掲載されたわたしの歌です。

 わたしと弟を称するとすれば、「愚兄賢弟」ということになります。わたしは何をやっても弟にはかないませんでした。

 まず勉強の方ですが、弟はわたしと比べてよくできたものです。わたしの通信簿にはカモメが群れだって飛んでいましたが、弟は上位の数字が並んでいたのです。

 カモメというのは、5段階評価で3ということです。良くもなく特別悪くもない平凡な成績でした。俳人の夏井いつきさんに言わせれば、「凡人」ということになるでしょう。

 ところが弟は殆んどの科目に優れていました。弟は勉強だけにとどまらず、あらゆることにわたしより抜きん出ていました。3つ上のわたしでしたが相撲をとっても負かされてばかりでした。

 また、いま藤井聡太で話題になっている将棋をしても、弟の方が強かったのです。つまり弟は、文武両道ということが言えると思います。

 その弟はいま北海道にいます。高校を卒業して彼はゼネコンに入社します。そして数年して、北海道に転勤になったのです。それからずっと北海道です。

 したがって彼に会ったのは、ちちははの葬儀のときくらいです。その彼がいま北海道で病とたたかっています。

 その病というのは肺がんです。もう手術ができないくらい進行しているそうです。抗がん剤治療や放射線治療をしているようですが、その副作用に苦しんでいるようです。

 「愚兄賢弟」のおとうとは、がんと真向いたたかっています。わたしにはどうすることも出来ませんが、ただただ遠くの地、岡山で彼の治癒を祈るのみです。元気でもう一度会えることを願っているところです。


 よろしければポチっとお願いします。

エッセー【草原にゆく】

シクラメン・11~3月



2018年2月20日(火)晴れ

 ご訪問いただき誠に有り難うございます。

  憂うつな
   痔疾になりて
   コスモスの
   風にゆれいる
   草原にゆく 


 この短歌は「新日本歌人」という歌誌に掲載されたわたしの歌です。

 わたしには持病が幾つかありますが、そのひとつが痔疾です。わたしは今までに3回も痔疾の手術をしてきました。3回も入院して苦労しました。

 わたしの痔疾は便秘と大いに関係があります。わたしは30代になって便秘に悩まされるようになります。便秘が解消されれば、「人生が変わる」と言われるように、便秘というのは厄介なものです。

 私の場合は便秘によって痔疾になったようです。それが原因です。便秘というのはほんとうに、わたしの人生のうえに大きく影を落としています。

 わたしの便秘には原因があるようです。それはメンタルのくすりの副作用だと思われます。わたしは30歳前後に、不可解な病気になり、メンタルのくすりを呑むようになります。

 そのくすりがわたしの便秘をもたらしているようです。メンタルのくすりをやめれば便秘は解消されるのでしょうが、そういうわけにもいかず、今も呑みつづけています。

 まさに、「あちらを立てればこちらが立たず」という情況なのです。メンタルのくすりも呑まなければならず、それを呑めば便秘を引き起こすのです。

 そして、つまるところ痔疾になるというわけです。痔疾もまた厄介なもので、「生き死に」に関係ないようだけれど、これもまた人生に暗い影を落としています。

 痔疾で困るのは下血の症状が出ることです。下血を起こせば、一日憂うつな気分に悩まされます。この下血はいつやってくるか分かりません。油断していると、不意に下血を引き起こすのです。わたしは痔疾の憂うつな気分を癒すために、海を見にいったり、コスモスの咲く草原に出かけていったりするのです。


 よろしければポチっとお願いします。


リンク
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 「人生七十古来稀なり」の古希です。
 日々の暮らし・想いを自由に 綴って
 ゆきたいと思います。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。